大腸内視鏡検査について

大腸内視鏡検査について

診療案内

大腸視鏡検査では便潜血検査で陽性の判定を受けた方、お腹に違和感がある方、便に血が混じっている方など、お腹や大腸に関することで違和感などがある方はまず受診いただき、必要に応じて大腸内視鏡検査をお勧めいたします。
肛門からスコープを挿入していくことになるのでスコープの直径は約10~12mmとやや太く、またがんなどの病変が疑われる組織があれば鉗子などで採取することも可能ですし、ポリープを発見した場合は、その場で切除することもできます。

For example このような症状がある方は
大腸内視鏡検査を
ご検討ください

  • 便潜血検査で陽性の判定を受けた
  • 便に血が混じっている(血便)
  • 便通の異常(下痢、便秘、残便感、便が細い など)がみられる
  • しこりを腹部に感じている
  • お腹に違和感を感じている方
  • 大腸ポリープを治療したことがある方
  • 親族で大腸がんに罹患している
  • 40歳を超えて、一度も大腸内視鏡を受けたことがない など

For example 大腸内視鏡検査で
発見することができる
主な病気

  • 大腸癌
  • 大腸憩室
  • 炎症性腸疾患
    (潰瘍性大腸炎、
    クローン病)
  • 大腸粘膜下腫瘍
  • 大腸ポリープ
  • 感染性腸炎 など

Flow of colonoscopy 大腸内視鏡検査の流れ

  1. STEP 1 検査予約

    大腸内視鏡検査をご希望の場合は、事前に外来を受診していただきます。

    * 医師による診察後に検査予約を行います。(緊急にて内視鏡検査が必要な方は、当日に検査をいたします。)
    * 服用中のお薬を確認させていただきます。(お薬手帳をお持ちの方は持参してください。)

  2. STEP 2 検査前日

    *夕食は20時頃までに終えてください
    * 食事はできるだけ消化の良いものにしてください(海藻類、キノコ類、果物類は不可)。
     水分については、お茶や水であれば、制限はありません。

  3. STEP 3 検査当日

    朝から絶食していただきます。大腸内視鏡検査が始まる4時間前から、時間をかけて約2.0Lの腸管洗浄液(下剤)を2時間くらいかけてゆっくりと飲み、その後、排便を繰り返すようになリます。便の色が黄色い透明になると腸の中がきれいになった証でもあるので、検査の準備が完了となります。

  4. STEP 4 検査

    * 検査着に着替えます
    * 検査台で横になります。内視鏡を挿入する前に肛門に麻酔のゼリーを塗ります。
    * 内視鏡を肛門から挿入し、仰向けになった状態で希望者には鎮静剤を投与いたします。
    * 大腸内視鏡を医師がハンドリングし、大腸内腔を観察します。その際がんなどが疑われる場合は組織を一部採取(生検)したり、
     ポリープを発見した場合は切除を行うこともあります。
    * 検査時間は約15分〜30分程です

  5. STEP 5 検査後

    * 検査終了後は、院内で休んでいただきます。その後、医師より検査結果の説明があります。
    * 検査後半日程度はお腹に空気が溜まっているような違和感を感じることもありますが、特に問題ありません。
     何回かトイレに行っている間に解消するようになります。

大腸内視鏡検査について詳しくは
クリニックへお問い合わせください。